オレンジなみかん

みかんのお話!

体に良いのは知っていると思いますが、中国に伝わる漢方にも使われていることをはじめて知りました。そのほかにも色々みかんのお話を紹介していきます。

紀伊国屋文左衛門ってどんな人?

まつわる話の中に必ず出てくるのが、紀伊国屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)ってどんな人なのでしょうか?紀伊国屋文左衛門は紀州が生んだ豪商と呼ばれる方です。現在の和歌山県の湯浅町に生まれたとされていますが、はっきりした記録が無いために、架空の人物ではないかとも言われています。しかしお墓などがあることもあり、実在する説のほうが有力になっています。

みかんと紀伊国屋文左衛門〜みかんで得た富と名声〜

何故、ミカンといったら紀伊国屋文左衛門なのかということをお話していきます。紀州ではみかんが大豊作の年に、江戸の町では悪天候のために、運ぶ船が来ないためにみかん不足が起こっていました。そのために紀州ではみかんの値段が安く、江戸ではみかんが高いこと知り、お金の借りてまで紀州中のみかんを買い、ボロ船を直し嵐の海へ江戸の町を目指して向かったのです!江戸の着くと、高く売れ、そのお金で塩鮭を買い込み大阪へ向かったのです。大阪では塩鮭が飛ぶように売れて、巨万の富を手にしたのです。でも、何故この塩鮭が飛ぶように売れたのかということを聞くと、デマ(うそ)の情報を先に流していたためなのです。これもお金儲けのため・・・。

漢方

皮を昔は乾燥させてお風呂に入れたりしていたことってありませんか?私の家では祖母がよくやっていました。乾燥させなくて、そのままの皮が布の袋に入って浮かんでいたことも?最近はあまりやりませんが・・・。これは民間療法になりますが、血行よくする効果があるといわれています。漢方の世界では、この乾燥させた皮は「陳皮」(ちんぴ)と呼ばれ代表的な生薬になっています。また、薄皮についている白いヒモのようなものは橘絡という生薬なのです。陳皮に見られる効果には、咳止め、食欲不振、嘔吐、血圧低下などによいとされています。すごい果物なのですね! 

愛媛県とジュース

ポンジュースが蛇口から?

愛媛県はみかんの産地で有名ですが、ポンジュースを作っている会社も愛媛県にあるのです!そのために色々なうわさ話で、「愛媛県の水道の蛇口からはポンジュースが出てくるんだよ!」という話になってしまったとか・・・。いくらなんでも蛇口からポンジュースが出てきたら迷惑では? 食器をポンジュースで洗うのかな? これはあくまでもうわさ話なので愛媛県の蛇口からはポンジュースは出てきません・・・。

みかんごはん

料理のページでも紹介しますが、愛媛県の郷土料理に「みかんご飯」があります!一般的には、炊き込みご飯のようなものですね。ダシ汁を入れる代わりにみかんジュースを入れるということです!しかもこのみかんごはんは愛媛県の学校給食にも出るというではないですか!食べたことの無い人には考えらない食べ物ですよね・・・。

みかんがオレンジに?

クリスマスオレンジ

クリスマスオレンジ・・・?実はこのクリスマスオレンジとは、温州みかんのことを言っているのです!何故クリスマスオレンジと呼んだのでしょう?日本では冬には当たり前のように食べられているみかんですが、遠く離れた国「カナダ」では「聖なる果実」とされているのです!カナダでクリスマスオレンジといわれるのは温州ミカンのことです。カナダには日本からクリスマスのために温州ミカンが毎年輸出されるのです!日本では赤い色を見ると「クリスマスだ!」と思いますが、カナダではクリスマスオレンジ=温州みかんを見ると「クリスマスが来た!」と思うそうです! 

テレビオレンジ

テレビオレンジって新種?なんて思いますが、これも普通のみかんのことです!ミカンってオレンジのようにナイフを使わなくても気軽に皮をむいて、テレビを見ながらでも食べることができますよね!そのことからアメリカやカナダでは「テレビオレンジ」と呼ばれているのです。日本では、テレビを見ながらみかんは定番ですけどね♪

みかんのお話