オレンジなみかん
HOME>>みかんのページ♪>>みかんってどんな果物?

みかんってどんな果物?

冬にこたつの中で食べる、なんてイメージがあります。筆者の通っていた小学校では「冷凍みかん」が給食に出ていました。列車の売店に売っていますよね?スーパーにも売っているのを見たこともあるかな?筆者の住む北海道は雪が降るので、積もった雪の中に埋めておくと出来上がります!ただし、埋めたところはきちんと覚えておかなくてはいけません・・・。

原産地

原産地は、インドになります。約3000万年前になり、日本でも映画で有名になった「ビルマ」の周辺といわれています。栽培を始めたのは中国になり、書物のほうにも記載が残っているのです。日本に入ってくるものは中国からくるものがとても多いです。温州みかんなどは、江戸時代に中国から渡ってきた木が元になり、はじめは甘い実をつけていなかったものが自然に甘い実といわれています。現在、日本での原産地は九州などの暖かい地方になります。有名な名産地といえば、愛媛県と和歌山県ではないでしょうか?九州ではないのに・・・。

歴史

歴史といっても種類がありますので、歴史について紹介していきたいと思います。鹿児島県長島東町に約300年以上も前からある古木が発見されたことからその場所とされています。現在は温州ミカンが代表的なみかんになっていますが、江戸時代では違っていたのです。全国的に広まったのは最近のことで何故広がらなかった理由を聞いて驚きました!理由は、「種無し」ということです!子供ができなくなるから縁起が悪いという理由があったそうです。いまでは種がある方がいやがられますよね?

成分・栄養

ビタミンC:35mg

カロチン:120μg

ビタミンB1:0.10mg

ビタミンB2:0.04mg

ナイアシン:0.3mg

含まれる成分は皆さんもよく知っているようにビタミンCなどがあります。ビタミンCは風邪などの予防にとても効果的になります。含まれるビタミンCは1日2個食べることによって風邪予防につながるのです。また美肌効果もあり、女性の方にはとてもうれしい効果ですよね!

温州みかんだけに含まれる、風邪に有効な成分があるのです!その成分とは「シネフィリン」といいます。気管支の筋肉を緩める働きがあり、のどからくる風邪にとても効果的なのです。風邪の予防に風邪の緩和にいいですよ!

しかし、良いところだけではない果物たち、体には良いことは確かなのですが、冷え性の方は就寝前に食べることは避けたことをおすすめします。

保存法

  1. 通気をよくして冷暗所に置いてください。
  2. 冷暗所と言っても冷蔵庫に入れると寒すぎて日持ちしませんので避けてください。
  3. 箱で買った場合は、箱のフタを開けて通気をよくしてください。また、箱入りは配送の時に下に負担がかかっているので下から食べるようにしてください。
  4. 腐敗しているのを発見したらすぐに取り除いてください!周りのミカンに移ってしまいます!
  5. 買ってから、1週間〜2週間で食べきることをおすすめします。
どう食べる?
みかんくん

食べる時には皆さんはどう食べますか?白いスジを取って、袋から出して果実だけを食べていますか?実はこの白いスジと袋には、脳卒中の予防に良いといわれる「ヘスベリン」が多く含まれているのです。実にも含まれていますが、袋には実の約50倍、白いスジには約100倍も含まれているのです!これを聞いたら食べ方が変わってきませんか?

みかんってどんな果物?